· 

2月16日コンサート・ライブ配信します

 去年に引き続き、「武藤艇一・小岩井カリナ展」の会期中にギャラリーコンサートをさせて頂きます。コロナ禍、穏やかでない中、今回は会場は10名限定せざるを得ず、お客様にはフェイスシールドを配布して行うことになりました。このような状況の為、今回初めてライブ配信も行うことに致しました。

 

 武藤先生の色彩豊かで、豪快さも感じるテンペラ画と、カリナさんの美しい絹織物、上田紬の作品の他、今回は武藤先生の関係の画家数名の作品も加わっているようです。会場はさぞ楽しい雰囲気に包まれることでしょう。その中で、19世紀5鍵木管フルートをメインに、電子チェンバロと演奏いたします。電子チェンバロはフォルテピアノの音色も選ぶことが出来(見た目も美しいRoland(C-30)という楽器です)音色を変えてのアンサンブルもお楽しみ頂きたいと思います。

電子チェンバロの演奏は松元博志さんです。

 

 プログラムはペルゴレージのフルートコンチェルトから大変美しい2楽章、ヘンデルのソナタ5番ト長調、5鍵木管フルートの開発に携わったフルーティスト、ジャン・ルイ・トゥルーがフルート用に編曲したロッシーニのアリア、グノーのアヴェマリア、シューマンの歌曲、ドニゼッティのフルートソナタなどを予定しております。

 

 ライブ配信については、スマホやタブレット、パソコン、Youtube対応のテレビで2月16日14時からのコンサートの模様をレアルタイムでご覧いただけます。また及28日まで配信のアーカイブでもご覧になれます。

 

ご希望の方はhttps://galleryconcert20210216-28.peatix.com  より投げ銭をご購入ください。Peatixでアカウントを取って頂くお手数をおかけしますが、便利なシステムですのでどうぞご活用ください。

2月16日コンサート開始までに限定公開Youtubeのアドレスがご登録のメールに届きます。

 

Peatixご利用に無理のある方は、どうぞこちらまで直接ご連絡ください→sakukoikeda@gmail.com