先日のコンサート、など。

19日に行われた、モンゴル民族文化基金の為のチャリティーコンサートの写真、Upします。

中国、内モンゴルに住む恵まれない環境にあり勉学に励む子供たちへのチャリティー、というものでした。

在日のモンゴル人の子供たちの歌と共演のステージもありましたよ。

 

私はモンゴル音楽のコンサートにご一緒させて頂くのは今回が3回目。民族衣装が華やかです!

毎回来てくださったお客様からは、楽しかった、面白かったと感想いただいております。

順番が逆になりますが、2日の奇聞屋ライブの写真も・・・。

この日は某広告会社にお勤めのデザイナーM氏と木下氏とのトークライブでもありました!

 

私は、作曲家木下正道氏の新曲、2本のフルートの為の作品「水の記憶を亡くした海の子供たち」を初演したほか、フルートとバスフルートの為の作品「No.6」、また木下氏編曲によるサティ「ノクチュルヌ」も3曲ほど演奏しました。木下氏の作品はここ数年、聴かせて頂いたり、演奏したりする機会に恵まれていますが、いつも大変興味深く、曲に必ず落としどころがあるように感じます。「水の...」ではホイッスルトーンやハーモニクスが駆使されており、緊張感のある空間、でした。無事終えることができホッとしました。

「No.6」は何度も演奏しているのですが、三連符の同音のスタカートが不思議な空間を紡ぎ出していく、そんな曲です。何度演奏しても オモシロイ。。。

サティの一見冷めたような、それでいて密かに熱いようなオツな雰囲気!?を楽しみました。

いづれもまた再演したいものです・・・。

 

13日には、同氏の個展へも伺いましたが、大変興味深かったです。一言で片づけるには失礼なのですが、私の稚拙な言葉で表現するのも気が引けてしまいます。。。

会場はあふれんばかりの満席で、それくらい皆さん注目しているということです・・・!

今後の作品も楽しみにしております。