君をのせて そのほか

桜も満開を過ぎたところですね。

報告遅くなりましたが、M8さんから出ております私のアレンジ、フルート三重奏「君をのせて」の参考音源が先月出来まして、M8のHPにアップされております。よろしかったらチェックしてみてください。

今回協力してくださったのは泰子さんと和代さん、筑波大ブラスバンド部に所属されてましたが、現在はOLさんのお二人です。このお二人、フルートだけでは飽き足らずアルトフルートやバスフルート、ピッコロまでお持ちのマニアさん達です。しかし日々そんなに練習する時間もないでしょうに、良く吹いてくださって・・・ありがとうございました!

(私としては2コーラス目の対旋律が書くことがこのアレンジの面白みだったのですが、その意図も汲んでくれて嬉しいことでした^^)

 

フルート三重奏アレンジ、次作も最終の校正段階に入っておりますので、近々紹介できると思います!

 

さて、ごく最近は4月2日の奇聞屋ライヴではルイ・ロットというフランスの古い名器3本でアンサンブルさせて頂きました。私は自分でロットを所有している訳ではなく、実はご厚意により某コレクターよりお借りしております。(大感謝・・・)

大阪フィルで長年ロットを吹いてこられた榎田先生と、この月例ライヴのリーダー渡瀬氏と私とでクーラウのトリオなど、演奏させて頂きました。

いやはや大変勉強させていただきました。あまり楽器うんぬん言うのは好きではないのですが、この名器の音色の多彩さ、深さは他にかなうものが無いのではと思います。

(音楽あってこそ、音楽を磨かねば、ですけど楽器から受けるものも大きいですよね。)

近年私はパウエルのオールド(初代)を吹いてきましたがロットは扱いづらそう・・・と敬遠していたのですが、最近少し分かってきたような気がします。

榎田先生が素敵なCDを出されていますのでご興味のある方はチェックしてみてください。

 

あ、追伸ですが私の親不知抜歯はその後順調に回復し、今その隣りの奥歯を治療してます。しかし筋突起というのが普通の人よりかなり大きいとかで、いつも先生が器具入るかな~できるかな~小さい器具持ってきて!?とかいう会話が飛び悪戦苦闘している模様。。。BGMは相変わらずめちゃくちゃ、超ランダムな選曲です(笑)以前、ラジオ局で選曲のアルバイトをしていたことがあるので制作現場はそれなりに想像できるのですが。。。

 

それでは、また書きます。しばしの春を満喫しましょう~皆さま素敵な日々をお過ごしください♪